香港ビエン子☆鼻煙壺

只今、2012年2月と11月の香港旅行記をのんびり更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

一人じゃなかったのですね~

おタク兄ちゃん、お隣一人じゃなかったのですね~(笑)
舞台に上がって、しかも客席に挨拶まで・・・。なんて、突っ込みどころ満載な!

ソリストの方々のPV、ありがとうございます☆皆様ほんとにお姿も演奏も麗しくて魅力的ですね。
それから、張さんの右手の翡翠のブレスに目が行ってしまいました。色といい透明感といい、色白の彼女によくお似合いです。

2011.07.16  chintau  編集

Re: 一人じゃなかったのですね~

>chintauさんへ

そうなの~ また一人変なヤツが登場して、突っ込みどころ満載です(笑)
翡翠のブレス?!そこまで気が付かなかった~
chintauさんのコメ見てPVを改めて見ました。
はい、確かに透明感のある上品なブレス、綺麗☆
翡翠は気や健康に関係あるらしいですね。

2011.07.16  ビエン子  編集

情感豊かな楽器達ですね

興味深いソリストの皆さんの映像、ありがとうございました。早朝から中国音楽の世界を楽しませていただけました。今朝は、めずらしく風がそよぎ過ごしやすい朝だったので、窓を開けて聴かせていただいていると、とても情緒豊かな気分になれました。
情感豊かな楽器達ですね。弦楽器も吹奏楽器も、身体を(息づかいを)まるごとつかって表現している楽器ですから、旋律や音の飾りの中に、「ため」や「間」が息づいていて、ゆったりできます。こういうのはきっと、人間本来が持っているカラダのリズムと波長が合うのでしょうね。
そんな音の流れや音色に加えて、オケの中国楽器達がそれらを支え引き出しているのでしょうから、ホールの中には生命がうごめき息づいている時間に包まれるのでしょうね。
やはり、「ゆれ」や「ため」や「ま」を表現する音楽は、演奏者さんたちの身体の動きも味わいたいから、生の演奏会で観ることが出来るのが一番幸せな状況かもしれませんよね。

2011.07.17  こえだ  編集

Re: 情感豊かな楽器達ですね

>こえださんへ

わぁ、早朝に窓からそよぐ風とともに聴かれたのですね~♪
>カラダのリズムと波長が合う
まさにそんな感じです!まるで楽器と演奏者が一体化して、
身体の中から音が奏でられているようにさえ聴こえました~
ソロパートのところはソリストさんの持ち味が発揮され、
「ため」や「間」等、情緒豊かな演奏をたっぷり聴かせてくれるし、
オケ全体とともに4名の素晴らしいソロの聴ける協奏曲は感動ものでした。
ホールの中で生の音色で観賞できて幸せでした!!!

2011.07.17  ビエン子  編集

オタク兄ちゃんおもしろすぎです!

舞台にまであがるなんて。ビエン子さんと隣のオタク兄ちゃんが普通に思えました(笑)

私もさっき休憩時間にYouTubeで二胡の音色を聞いてきました。癒されますね。

2011.07.19  ブラボー  編集

Re: タイトルなし

>ブラボーさんへ

ね!真面目なコンサートなのに、舞台にまであがるなんて、
もうビックリでしたよ~~~~~!
それでも無問題なのだから、香港て面白いですねぇ~♪
二胡の音、いいですよね!
私もこの中では二胡(板胡)の音色に特に惹かれます!!

2011.07.20  ビエン子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

香港3日目 2010年12月11日(土) 香港中樂團・オタク兄ちゃんと徐慧さん



前回からの続きです ♪

香港中樂團の記事も3回目、やっと終盤になりました。     

   1回目の記事http://bienko.blog108.fc2.com/blog-entry-96.html
   2回目の記事http://bienko.blog108.fc2.com/blog-entry-97.html


オーケストラの演奏&共演するソリストさんの名演奏を堪能できるのも、
コンチェルトの醍醐味です。
又、ソロを奏でる楽器の特徴的な音色や奏法を聴ける良い機会でもあります。



『四大美人』

中国古代の四大美人『貂蝉』『西施』『楊貴妃』『王昭君』の物語に基づいたコンチェルト

  1、笛子協奏曲 「施舞女」
  2、箏協奏曲  「西施」
  3、板胡協奏曲 「楊貴妃死戀」
  4、琵琶協奏曲 「王昭君」



                    



さてさて、お待たせしました~♪
ここからは、オタク兄ちゃんの話しですよ~~ ヽ(^o^)丿


3曲目の 板胡協奏曲「楊貴妃死戀」が始まる頃になると、
隣の席ではオタク兄ちゃんが何やらソワソワ落ち着かない様子

オタク兄ちゃんたら、前列が空席なのをいい事に、
前かがみになって前の座席の背もたれを両手で掴んでウハウハかぶりつき状態

兄ちゃん変だよ、どうしちゃったんだろ?
前から3列目で中央の席だし、1~2列目には誰も居ないから、
何もそんなにかぶりつかなくたって良く見えるのに・・・


ソリストの徐慧 (Xu Hui)さんがステージに登場すると、
オタク兄ちゃんは、それはもう嬉しそうな顔で、その目はすっかりハートマーク
口元はデレ~とゆるみ、
拍手はそれまでよりも大きく、力を込めてパッチパッチパチパチパチ


そっかぁ!!!

この兄ちゃん、徐慧さんの熱烈なファンだったのね~~



徐慧さんの楽器は 板胡
  板胡=二胡の仲間。
  二胡は蛇皮、板胡には板が張ってあり、二胡とは音質も多少異なるようです。


華奢なスタイルで可愛らしい顔立ちの徐慧さん
        RIMG1900_convert_20110715162838.jpg
                        ↑ プログラムより拝借


その美しくしなやかな指先からは、
可憐な音色から凛とした意思の強そうな音色まで、豊かな旋律が溢れてきます

そして、板胡を弾く姿がホントに素敵

弓を動かす動作ひとつにしても表情があり、
胡琴(板胡・二胡など)特有の艶のあるポルタメントのかかった音は色っぽくて、

そんな演奏姿を見たら女の私だって徐慧さんに惚れちゃうわぁ



徐慧さんです♪  目の化粧は濃いけど、演奏姿はとっても素敵

       香港中樂團HPより『四大美人』板胡協奏曲「楊貴妃死戀」のPV
       (本番ではオーケストラとの共演です)


徐慧さんの演奏が終わると、

オタク兄ちゃん、デカイ体で隣席の人達をかきわけ一目散に舞台の前まで駆け寄り
例の “妙ちくりんな ぬいぐるみ” を徐慧さんに手渡し、デレデレ顔で戻ってきました

ぬいぐるみ抱えたりして、キモイ兄ちゃんだなぁと思ってたら、
プレゼント用だったのね~

他にも何人もの徐慧さんファン(追っかけ?)が、
花束や、となりのトトロのぬいぐるみ などプレゼントしていました。

他の3名のソリストさん達よりも、圧倒的に徐慧さんファンが多かったです!



と、そこへまた1人、花束抱えたオタクっぽい青年が現れたと思ったら、

その青年、、、

下手側に設置されてる、客席と舞台をつなぐ階段から、

なんと、舞台に上っちゃいましたよ~

そして徐慧さんへ歩み寄り、花束を渡してご満悦


    お客が舞台に上って花束を手渡すって有り??
  
    止める係員もいなかったし、それって香港ではモーマンタイ??

    また1つ香港コンサート事情の “不思議発見”



更に、その青年の振る舞いときたら、、、

出演者でもないのに、わざわざ顔を客席に向けて、

舞台を立ち去る間誇らし気な満面の笑みを客席に投げかるではありませんか~


そんな満足げな青年を見ていた隣のオタク兄ちゃんは、ちょっぴり悔しそうでした


                    


ふぅ~!
オタク兄ちゃん達の話を書いていたら、また長い記事になっちゃいました。。。


それにしても、
香港のコンサートって、
日本人からすると思いがけない珍事が起きるから面白いなぁ!!!


演奏会は、私の拙い文章ではここに書き尽くせないくらい素晴らしく、
この演目に合わせて旅行の日程を組んで大正解でした ♪♪♪

まだ未定ですが、次回の訪港も香港中樂團の公演日に合わせるつもりです!

また徐慧さんのソロが聴きたいわぁ



他の3曲についてはPVを貼っておきます。こちらも名演奏揃いですよ~

ソリストさん方の豊かな表現力は是非見習いたいものです♪


笛子協奏曲 「施舞女」


箏協奏曲 「西施」


琵琶協奏曲 「王昭君」



最後までお読みくださり、ありがとうございました <(_ _*)>
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村






コメント

一人じゃなかったのですね~

おタク兄ちゃん、お隣一人じゃなかったのですね~(笑)
舞台に上がって、しかも客席に挨拶まで・・・。なんて、突っ込みどころ満載な!

ソリストの方々のPV、ありがとうございます☆皆様ほんとにお姿も演奏も麗しくて魅力的ですね。
それから、張さんの右手の翡翠のブレスに目が行ってしまいました。色といい透明感といい、色白の彼女によくお似合いです。

2011.07.16  chintau  編集

Re: 一人じゃなかったのですね~

>chintauさんへ

そうなの~ また一人変なヤツが登場して、突っ込みどころ満載です(笑)
翡翠のブレス?!そこまで気が付かなかった~
chintauさんのコメ見てPVを改めて見ました。
はい、確かに透明感のある上品なブレス、綺麗☆
翡翠は気や健康に関係あるらしいですね。

2011.07.16  ビエン子  編集

情感豊かな楽器達ですね

興味深いソリストの皆さんの映像、ありがとうございました。早朝から中国音楽の世界を楽しませていただけました。今朝は、めずらしく風がそよぎ過ごしやすい朝だったので、窓を開けて聴かせていただいていると、とても情緒豊かな気分になれました。
情感豊かな楽器達ですね。弦楽器も吹奏楽器も、身体を(息づかいを)まるごとつかって表現している楽器ですから、旋律や音の飾りの中に、「ため」や「間」が息づいていて、ゆったりできます。こういうのはきっと、人間本来が持っているカラダのリズムと波長が合うのでしょうね。
そんな音の流れや音色に加えて、オケの中国楽器達がそれらを支え引き出しているのでしょうから、ホールの中には生命がうごめき息づいている時間に包まれるのでしょうね。
やはり、「ゆれ」や「ため」や「ま」を表現する音楽は、演奏者さんたちの身体の動きも味わいたいから、生の演奏会で観ることが出来るのが一番幸せな状況かもしれませんよね。

2011.07.17  こえだ  編集

Re: 情感豊かな楽器達ですね

>こえださんへ

わぁ、早朝に窓からそよぐ風とともに聴かれたのですね~♪
>カラダのリズムと波長が合う
まさにそんな感じです!まるで楽器と演奏者が一体化して、
身体の中から音が奏でられているようにさえ聴こえました~
ソロパートのところはソリストさんの持ち味が発揮され、
「ため」や「間」等、情緒豊かな演奏をたっぷり聴かせてくれるし、
オケ全体とともに4名の素晴らしいソロの聴ける協奏曲は感動ものでした。
ホールの中で生の音色で観賞できて幸せでした!!!

2011.07.17  ビエン子  編集

オタク兄ちゃんおもしろすぎです!

舞台にまであがるなんて。ビエン子さんと隣のオタク兄ちゃんが普通に思えました(笑)

私もさっき休憩時間にYouTubeで二胡の音色を聞いてきました。癒されますね。

2011.07.19  ブラボー  編集

Re: タイトルなし

>ブラボーさんへ

ね!真面目なコンサートなのに、舞台にまであがるなんて、
もうビックリでしたよ~~~~~!
それでも無問題なのだから、香港て面白いですねぇ~♪
二胡の音、いいですよね!
私もこの中では二胡(板胡)の音色に特に惹かれます!!

2011.07.20  ビエン子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

ビエン子

Author:ビエン子
香港が大好きなビエン子です!
名前の由来は鼻煙壺(びえんこ) 
香港旅行の度に 鼻煙壺 を1つ買い求めコレクションしています。
2012年2月の訪港で21個目の鼻煙壺が仲間入りしました。


 

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

HKドル→日本円へ換算できます!

 どうぞ ご利用してください (^^)

月別アーカイブ

くろねこ時計

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©香港ビエン子☆鼻煙壺. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。