香港ビエン子☆鼻煙壺

只今、2012年2月と11月の香港旅行記をのんびり更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

極彩色ですね~。

珍しいところの珍しいものを見せていただけました。ありがとうございます。
「雅石館」の方は、石だけあって、さすがに日本のそういう展示室と似たような雰囲気ではありますが、その建屋の外観も、圓玄學院の敷地内の花々や建物などの景観も、さすがに香港ですね。日本と異なって極彩色の世界満開です。この敷地内に足を踏み入れるだけで、ご利益ありそう~。(笑)
花々の色の配置や形やデザインなど工夫して、折々に触れて世話をして来ておられる方々のご苦労やお気持ちを察すると、本当に香港の方々の信仰深さが伝わりますね。
あの荃灣から、バスでほんの少しでこんな世界なのですか…いやあ、ビックリです。

2011.06.04  こえだ  編集

Re: 極彩色ですね~。

>こえださんへ

菊花展覧の時期に来たので、より香港らしい景観を満喫できて良かったです!
日本の寺院と違ってさすが香港は華やかですよね。
実は撮ったけどボケていてブログに載せられなかった建物の写真もあるのだけど、
圓玄學院の建物はどれもハデ過ぎず綺麗な色使いや装飾が素敵でした。
こえださんの仰るように、花々のお世話する方々もさぞ信仰心が深いのでしょうね。
私もここに居るだけで神聖な気分にさえなってきましたから。
あの荃灣にこのような別世界があったなんて、私もビックリでした(笑)

2011.06.05  ビエン子  編集

ビエン子さんがいかれた時は菊花展の時期が
もう少しってことで、院内も華やかですね。
菊の時期は日本だったら秋だけど、香港では12月なんだ~って思いながら読みました。
私達が行った時は暑い時期で行きはタクシーで行ったんですが、帰りぶらぶら歩いて汗だくになりながら駅についてマクドでグッタリ休憩した記憶があります。

2011.06.05  ブラボー  編集

Re: タイトルなし

>ブラボーさんへ

そういえば、菊って日本では秋ですよね?気付かなかったなぁ、、、
香港は12月でも日本の秋くらいの気候ですものね。
ブラボーさん、暑い時期に帰りは駅まで歩いたのぉぉぉ?スゴ~イさすが!
圓玄學院に行く動機はブラボーさんのブログがきっかけなので感謝してます☆
行って良かった~と満足してま~す!

2011.06.05  ビエン子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

香港3日目 2010年12月11日(土) 圓玄學院


仏教、道教、儒教、3つの宗教が祀られているという寺院 圓玄學院

荃灣の兆和街から81番のミニバスに乗って行きました。
RIMG0026_convert_20110601174834.jpg

RIMG0026_convert_20110603140634.jpg



10分ほどで終点に到着すると、

わぁ、凄~い! まるで中華風フラワーパークみたい

あれっ、よく見ると左のドラゴンには頭が無いよ??
RIMG0031_convert_20110603134213.jpg


階段を上り、門の垂れ幕をみると 2010年 菊花展覧 の文字。
RIMG0036_convert_20110602025044.jpg

なるほど!それで菊の花が飾られているのね。



でも開催日は数日先なので、この日はまだ準備段階なのでした。

だからドラゴンの頭が未装着なのはご愛嬌。
         多分ここにに付くのでしょう。
RIMG0060_convert_20110601190214.jpg
           「早く胴体と頭くっつけてくれよ~~~」って言ってるみたい        



菊花展覧の準備中とはいえ、この時期に訪れた事は思わぬ収穫でした。

敷地内の至る所が菊の花で溢れ、それはもう綺麗で魅せられました

まだ蕾も多く、満開には至っていませんでしたが、

それでも菊の良い香りが辺り一面に漂っていて、うっとり


RIMG0032_convert_20110601175141.jpg

RIMG0034_convert_20110601175227.jpg

RIMG0057_convert_20110602132944.jpg

RIMG0042_convert_20110602132757.jpg





正面に見える丸い建物の中には十二支の神様が祀られています。
RIMG0035_convert_20110603133759.jpg

その建物の側では、お線香やお供え物が販売されていて、
RIMG0038_convert_20110603115812.jpg

RIMG0037_convert_20110603115734.jpg

お供えセットを購入された方々は売り場の向かいにあるテーブルで何やら仕分けして、
RIMG0040_convert_20110603115148.jpg

それを持って建物の中に入り、ずらりと並んでいる神様をお参りされていました。
RIMG0041_convert_20110602133029.jpg

私はお供えセットは買わなかったけど、
それぞれの神様の下にはがっちり賽銭箱が備えてあったので、
家族と自分の干支の神様にお賽銭してきました





こちらは 「圓玄素食館」 素食=精進料理のレストランのようです。
RIMG0046_convert_20110603141251.jpg





「雅石館」  入ってみると、こぢんまりした石の博物館でした。
RIMG0056_convert_20110603145023.jpg

様々な色や形の石が展示されてます。
RIMG0055_convert_20110603141623.jpg

“何かに似ている石” シリーズはちょっと面白かったです!
RIMG0052_convert_20110603141414.jpg  RIMG0053_convert_20110603204018.jpg


こちらは十二支に見える石。何気にこじつけっぽい石もあるけど(笑)
RIMG0054_convert_20110603141534.jpg





圓玄學院、楽しめました!! 来て良かった~~!

菊花展覧の開催で(まだ準備中でしたけど)綺麗な菊の花も堪能できたので、

この時期に訪れたのもラッキーでした!




圓玄學院の事は、
数年前に荃灣で入手したパンフレットで見かけていたものの、
情報量が少なくて行かずじまい。。。     (荃灣付近の幾つかの寺院が載ってます↓)
RIMG1666_convert_20110601171902.jpg RIMG1664_convert_20110601172447.jpg

ところが嬉しい事にブラボーさんのブログで圓玄學院が紹介され、
その記事を見て私も行ってみたいなぁ、と関心を持ったのでした。
それ以来ブラボーさんともブログ友達として仲良くさせて頂いてま~す


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

コメント

極彩色ですね~。

珍しいところの珍しいものを見せていただけました。ありがとうございます。
「雅石館」の方は、石だけあって、さすがに日本のそういう展示室と似たような雰囲気ではありますが、その建屋の外観も、圓玄學院の敷地内の花々や建物などの景観も、さすがに香港ですね。日本と異なって極彩色の世界満開です。この敷地内に足を踏み入れるだけで、ご利益ありそう~。(笑)
花々の色の配置や形やデザインなど工夫して、折々に触れて世話をして来ておられる方々のご苦労やお気持ちを察すると、本当に香港の方々の信仰深さが伝わりますね。
あの荃灣から、バスでほんの少しでこんな世界なのですか…いやあ、ビックリです。

2011.06.04  こえだ  編集

Re: 極彩色ですね~。

>こえださんへ

菊花展覧の時期に来たので、より香港らしい景観を満喫できて良かったです!
日本の寺院と違ってさすが香港は華やかですよね。
実は撮ったけどボケていてブログに載せられなかった建物の写真もあるのだけど、
圓玄學院の建物はどれもハデ過ぎず綺麗な色使いや装飾が素敵でした。
こえださんの仰るように、花々のお世話する方々もさぞ信仰心が深いのでしょうね。
私もここに居るだけで神聖な気分にさえなってきましたから。
あの荃灣にこのような別世界があったなんて、私もビックリでした(笑)

2011.06.05  ビエン子  編集

ビエン子さんがいかれた時は菊花展の時期が
もう少しってことで、院内も華やかですね。
菊の時期は日本だったら秋だけど、香港では12月なんだ~って思いながら読みました。
私達が行った時は暑い時期で行きはタクシーで行ったんですが、帰りぶらぶら歩いて汗だくになりながら駅についてマクドでグッタリ休憩した記憶があります。

2011.06.05  ブラボー  編集

Re: タイトルなし

>ブラボーさんへ

そういえば、菊って日本では秋ですよね?気付かなかったなぁ、、、
香港は12月でも日本の秋くらいの気候ですものね。
ブラボーさん、暑い時期に帰りは駅まで歩いたのぉぉぉ?スゴ~イさすが!
圓玄學院に行く動機はブラボーさんのブログがきっかけなので感謝してます☆
行って良かった~と満足してま~す!

2011.06.05  ビエン子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

ビエン子

Author:ビエン子
香港が大好きなビエン子です!
名前の由来は鼻煙壺(びえんこ) 
香港旅行の度に 鼻煙壺 を1つ買い求めコレクションしています。
2012年2月の訪港で21個目の鼻煙壺が仲間入りしました。


 

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

HKドル→日本円へ換算できます!

 どうぞ ご利用してください (^^)

月別アーカイブ

くろねこ時計

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©香港ビエン子☆鼻煙壺. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。