香港ビエン子☆鼻煙壺

只今、2012年2月と11月の香港旅行記をのんびり更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

白茶系は

白毫銀針に対する私のイメージは
「茶葉を大量に入れるととても美味しい」
ってところですかね。

茶樓では専ら壽眉か水仙ですね~
あ、そう言えば香港Uの茶藝館に行きましたよ!

しゅKきっpめいはまだ行った事ないです~
どんな街並みですか?

2011.02.01  出挙  編集

ここも素敵です

ここも素敵なお茶屋さんですね。

もう、コースはきまりました。
GODに行ってここでちょっと一休み。
おいしいお茶のんで まったりしたいです。

私も香港公園の「楽茶軒」でお茶したことあるけど ビエン子さんがコメントしてらっしゃるように 素敵な茶器で頂くお茶 新鮮でした。

お茶の種類 詳しくないから迷いました。

2011.02.01  ブラボー  編集

Re: 白茶系は

>出拳さんへ

「茶葉を大量に入れるととても美味しい」のですか!
じゃあ、あの時の茶葉は少なめだったのかな?
白茶だから濃くないのは分かってたけど、香りまで薄かったんです。。。
香港Uの茶藝館も雰囲気良さそうですね!今度行ってみたいです。

石硤尾は既に古い団地は取り壊しされ、静かな町という感じでした。
でも、半屋台のようなローカルちっくな食べ物屋もあったし、
面白い名前の建物もありましたよ(笑)

2011.02.01  ビエン子  編集

Re: ここも素敵です

>ブラボーさんへ

>GODに行ってここでちょっと一休み。
いいですね~~~
で、茶器のガチャガチャもぜひぜひ!!

たまには落ち着いた雰囲気のお茶屋さんの素敵な茶器でいただくお茶も良いですよね!!
「楽茶軒」にも行ってみたいな~♪
そういえば、他の飲食店の割合と比べて茶館とか茶藝館て少ないですね。

2011.02.01  ビエン子  編集

素敵な過ごし方ですね。

こうした場所で、お茶と共に器や館そのものの空気も味わえるような旅もできるようになりたいです。いつもいつも、3倍速のごとき移動とキョロキョロ視線とで過ごしてしまうので、ビエン子さんのような過ごし方が出来ていません。口に運ぶモノも、炭水化物ばかりじゃなく、「ならでは」の中国茶の世界も味わえなきゃあアカンですね。ちょっと反省。。。(笑)
コチラ文博軒では、ビエン子さんが楽しまれたお茶は、ご自分で淹れるわけですか?それとも、お店のかたが教えてくださったり淹れてくださったりするわけでしょうか?
こんなときに少しでもいいからお茶のたしなみ方を学ぶことが出来れば、ウチにあるいただきもののいくらかの中国茶たちも、ちゃんと飲めるのにな…と思いました。(恥)

2011.02.07  こえだ  編集

Re: 素敵な過ごし方ですね。

>こえださんへ

お茶のたしなみ方を学ぶというほど格式ばってなく、
気軽にくつろげるお店ですよ(笑)
この時どっぷり疲れていたので一時間ちかくも居座っちゃっただけです。
堅苦しくないから居心地が良かったのかも♪

一杯目のお茶はお店の方が淹れてくれたけど、
淹れるというよりお湯を注いでくれただけ。
テーブルの側にコンロとヤカンが用意されるので、
二杯目からは自分で勝手にお湯を注ぎ足し、何杯でも飲めました!

2011.02.07  ビエン子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

香港2日目 2010年12月10日(金) 中国茶で まったり


夕方 17:00 

住好D街頭文化館 (G.O.Dミュージアム)を見学した後は、
            RIMG0128_convert_20110131152939.jpg


同じ『賽馬会創意藝術中心』館内の茶館 文博軒 でひと休み


とその前に、文博軒の入り口にガチャガチャ発見
中身は茶館らしくミニチュアの茶器でした。
白地の陶器に青い模様が描かれている茶器が何種類か入っていて、
欲しかったけど、残念。。。コインの持ち合わせがなかったんです(5HK$×2枚)


店内に入ると、茶葉や茶器なども販売されていて、
奥にテーブル席が設えてありました。


お茶の種類は、青茶類、黄茶類、黒茶類、紅茶類、緑茶類、白茶類、花茶類、自備茶葉。
約40種ものお茶がありましたが、こんなに多いと何を選べばよいのやら。。。
RIMG0150_convert_20110125130006.jpg


で、一番最初に目についた、白茶類から「白毫銀針」を HK$28
RIMG0151_convert_20110125130044.jpg
赤いテーブルクロスに清楚な器がいい感じです!!!

ローカル店の欠けのある食器も香港らしいけど、
このような繊細な器でお茶をいただくのも旅行の過程にメリハリついて良かったです!

写真右上はお菓子。
疲れていたので甘いお菓子が嬉しかった~♪


さて、白毫銀針茶のお味は?

かすかに爽やかな甘味があり、
渋みは無く、とってもマイルド。
でも、まろやか過ぎて薄いような。。。


後から「白毫銀針」について調べてみると、
 ・芽のみを使用するお茶で、白茶の中でも高級品
 ・芽は白毫という銀色に輝く細かいうぶ毛で覆われている
 ・収穫の際は、芽を保護する為に葉を付けた状態で摘み、加工の行程で葉を除去する

という、大変手の込んだ高級なお茶なのだそうです!
薄いだなんて、ごめんなさ~い。


でも、薄いと思いながらも熱いお湯を注ぎ足し何杯もおかわりして、
旅行の記録をメモったり、「通用乗車地圖」を見たり、
小1時間も、ゆ~ったり過ごしました

もし元気が余っていたら、
どこかの茶餐廳で下午茶してたかもしれないけど、
午前中から歩き回っていて疲れた体には、
このような茶館はこの上なく癒される空間でありました♪
RIMG0152_convert_20110125130122.jpg

ただ、悔やまれるのはガチャガチャ
そうだ!会計の時、紙幣を5HK$コインに両替して貰えば良かったんだ。。。
そう思いついたのは、帰りのバスの中。
時既に遅しでした


「文博軒 」Heritage Tea House
  石硤尾白田街30號賽馬會創意藝術中心1樓6室  11:00~20:00

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

コメント

白茶系は

白毫銀針に対する私のイメージは
「茶葉を大量に入れるととても美味しい」
ってところですかね。

茶樓では専ら壽眉か水仙ですね~
あ、そう言えば香港Uの茶藝館に行きましたよ!

しゅKきっpめいはまだ行った事ないです~
どんな街並みですか?

2011.02.01  出挙  編集

ここも素敵です

ここも素敵なお茶屋さんですね。

もう、コースはきまりました。
GODに行ってここでちょっと一休み。
おいしいお茶のんで まったりしたいです。

私も香港公園の「楽茶軒」でお茶したことあるけど ビエン子さんがコメントしてらっしゃるように 素敵な茶器で頂くお茶 新鮮でした。

お茶の種類 詳しくないから迷いました。

2011.02.01  ブラボー  編集

Re: 白茶系は

>出拳さんへ

「茶葉を大量に入れるととても美味しい」のですか!
じゃあ、あの時の茶葉は少なめだったのかな?
白茶だから濃くないのは分かってたけど、香りまで薄かったんです。。。
香港Uの茶藝館も雰囲気良さそうですね!今度行ってみたいです。

石硤尾は既に古い団地は取り壊しされ、静かな町という感じでした。
でも、半屋台のようなローカルちっくな食べ物屋もあったし、
面白い名前の建物もありましたよ(笑)

2011.02.01  ビエン子  編集

Re: ここも素敵です

>ブラボーさんへ

>GODに行ってここでちょっと一休み。
いいですね~~~
で、茶器のガチャガチャもぜひぜひ!!

たまには落ち着いた雰囲気のお茶屋さんの素敵な茶器でいただくお茶も良いですよね!!
「楽茶軒」にも行ってみたいな~♪
そういえば、他の飲食店の割合と比べて茶館とか茶藝館て少ないですね。

2011.02.01  ビエン子  編集

素敵な過ごし方ですね。

こうした場所で、お茶と共に器や館そのものの空気も味わえるような旅もできるようになりたいです。いつもいつも、3倍速のごとき移動とキョロキョロ視線とで過ごしてしまうので、ビエン子さんのような過ごし方が出来ていません。口に運ぶモノも、炭水化物ばかりじゃなく、「ならでは」の中国茶の世界も味わえなきゃあアカンですね。ちょっと反省。。。(笑)
コチラ文博軒では、ビエン子さんが楽しまれたお茶は、ご自分で淹れるわけですか?それとも、お店のかたが教えてくださったり淹れてくださったりするわけでしょうか?
こんなときに少しでもいいからお茶のたしなみ方を学ぶことが出来れば、ウチにあるいただきもののいくらかの中国茶たちも、ちゃんと飲めるのにな…と思いました。(恥)

2011.02.07  こえだ  編集

Re: 素敵な過ごし方ですね。

>こえださんへ

お茶のたしなみ方を学ぶというほど格式ばってなく、
気軽にくつろげるお店ですよ(笑)
この時どっぷり疲れていたので一時間ちかくも居座っちゃっただけです。
堅苦しくないから居心地が良かったのかも♪

一杯目のお茶はお店の方が淹れてくれたけど、
淹れるというよりお湯を注いでくれただけ。
テーブルの側にコンロとヤカンが用意されるので、
二杯目からは自分で勝手にお湯を注ぎ足し、何杯でも飲めました!

2011.02.07  ビエン子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

ビエン子

Author:ビエン子
香港が大好きなビエン子です!
名前の由来は鼻煙壺(びえんこ) 
香港旅行の度に 鼻煙壺 を1つ買い求めコレクションしています。
2012年2月の訪港で21個目の鼻煙壺が仲間入りしました。


 

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

HKドル→日本円へ換算できます!

 どうぞ ご利用してください (^^)

月別アーカイブ

くろねこ時計

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©香港ビエン子☆鼻煙壺. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。