香港ビエン子☆鼻煙壺

只今、2012年2月と11月の香港旅行記をのんびり更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.20

祥香園茶餐廳

宿泊先を決めたら、
そのエリアにはどんなお店があるのかな?って調べるのも、旅の醍醐味ですよね

OpenRiceをチェックする回数も増え、ブックマークだらけになったりして^^

ここ数年で私のブクマには西環エリアのお店が増え続けているのですが、
その実、行けてないお店の方が多かったり。。

祥香園茶餐廳 も、いつか行きたいお店のひとつでしたが、
いつか行きたいお店 から 絶対行きたいお店 に昇格!!
だって「香港路地的裏グルメ」に紹介されたんですもの。これは行かなくちゃ!
幸い今回の宿泊ホテルから近い事もあり、旅行3日目の朝に行って来ました~♪

RIMG2205_convert_20120410032330.jpg

RIMG2204_convert_20120410032246.jpg

馳名蛋撻麺飽 OpenRiceを見た時、この赤い文字にビビッときたんです
きっと蛋撻も麺飽も美味しいに違いないってね!


RIMG2429_convert_20120410032439.jpg

IMG_1067_convert_20120410032603.jpg

朝食のセットメニューもありましたが、
注文したのは熱檸檬茶と「路地的~」お勧めの 蓮蓉鶏尾飽  
IMG_1068_convert_20120410032657.jpg


初めて食べる蓮蓉鶏尾飽 美味しい~(o^^o)

中身は蓮の実の餡。月餅の餡よりは柔らかめでパンとの相性が良い餡です。
詳しくは「香港路地的裏グルメ」の40ページを(←手抜きでスイマセン

そして赤い文字馳名蛋撻麺飽 の通り、パンがとても美味しかったので、

日本に持ち帰るお土産用のパンはこのお店にしよう!と決め、

IMG_1070_convert_20120410033707.jpg



帰国日、お土産のパンを外買しに再来しました。
RIMG2432_convert_20120410032519.jpg


下の写真は、ホテルに持ち帰り、冷ます為に袋を開けたところです。
焼きたてパンの香ばしい香りが漂って、食べてしまいたい衝動をぐっとこらえたっけw
蛋撻だけは崩れ易いので食べちゃいましたが、ホロホロなクッキー生地で、当然ながら美味しかったで~す!!!
IMG_1243_convert_20120410032825.jpg

パンはタッパに詰め、無事日本へお持ち帰り。


帰国してからも、美味しいパンをいただきながら香港の余韻に浸っていましたが、

特に気に入ったのがこのパン。多分、芝麻包という名??
IMG_1354_convert_20120410033759.jpg

具なしのシンプルなパンですが、

これぞパンの味!!

しっかりと小麦粉の風味が感じられる、とても美味しいパンの味。

そう!パンの味なんです。

噛み締めるほど、パンの味がするんです。


この味、どこかで食べた事ある。。。。どこだったっけ?
と、頭に引っかかっていたのですが、先日ふと思い出しました!

あっ、ペリカンのロールパンだ

   ペリカン=浅草にある老舗のパン屋さん。


あぁ、このブログを書いてるうちに無性にあの美味しいパンが食べたくなっちゃいました♪
近いうちにペリカンに買いに行こうかな。
その向こうに香港を感じながら♡ペリカンのロールパンを味わいたいな(^p^)




おまけの画像 クリックで拡大します↓
IMG_2032_convert_20120419015659.jpg
 (以前購読していた香港通信の 香港お菓子カタログ・茶餐廳の中式パン より)



「祥香園茶餐廳」西環堅尼地城卑路乍街107號


祥香園茶餐廳からペリカンに話しが飛んでしまいましたが^^;;
よろしかったらポチッとお願いします^^
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2012.04.05

可可店

香港旅行の初日、
ホテルに到着し一段落すると、既に夜中の12時を回っていましたが、
おとなしく部屋に籠ってるなんてムリ・笑

喜び勇んでホテルを飛び出し向かった先は、
事前にOpenRiceでリサーチしていた、ホテル向かいの可可店。

可可店
IMG_0851_convert_20120403022858.jpg


小さい間口ですが、中へ進むと予想していたよりも広い客席フロアが現れ、
この時間帯でも混み合い賑わっていたのには驚きました。

へぇ~、ここは深夜でも繁盛してるお店だったのね~!
それも堅尼地城なのに。

OpenRiceを見た限りでは、糖水、甜品、小食が中心のお店かと思っていましたが、
メニューを見ると、麺類、炒飯、オカズ系などもあり、
しっかり食事をされているお客さんも結構いました。


私が選んだのは 渣喳 13HKドル
RIMG2050_convert_20120404161920.jpg
         (この写真は何口か食べた後に撮ったので、少し減ってます...)

熱いのと冷たいの、どちらにする?と店員さんが尋ねてくれたので「熱」にしました。

数種類の豆の他、四角いのは里芋のような食感のお芋。
ほっこり安らぐ美味しさで、旅の疲れも癒されます。旨し旨し(o^^o)
店内の活気に包まれながら、
優しい甘さで美味しい渣喳をいただいていたら、
今、香港に居るんだなぁ~と一気に実感がわいてきたので、
香港到着時間が遅かろうと、ホテルの外へ繰り出したのは正解


可可店にはオバチャンの店員さんも何名かいらっしゃり、
こんなに遅い時間にもかかわらずテキパキと働く姿は頼もしくもあり、
中には明るい笑顔でとても感じの良い方もいらしたりで、
お気に入りのお店リスト入り

ちなみに営業時間は16:00~4:00と夜型のお店ですが、
このオバチャン達がいたら深夜でも安心ね




翌々日の夜、小腹が空いたので夜食を外買しに再来。


お店の入り口脇には軽食などを作るコーナーがあり、
外からガラス越しに覗くと、腸粉と玉子を炒めてるところでした。
これよこれ!!OpenRiceをチェックした時から気になっていたのは
次々に売れて行く様子をみると、やはり人気メニューのようです!

この日の夜食はこれに決まり~~(^^)/

注文すると、オバチャンが腸粉と玉子を手際良くチャチャッと炒め、
器に盛り、ぱぱっとタレをかけて、あっという間に一丁上がり~♪

煎腸粉加蛋 14HKドル
IMG_1039_convert_20120404161852.jpg


んまーい(o^▽^o)

見た目よりもはるかに美味しいです♪
滑らかでツルツルンとした腸粉の食感がたまりません(^0^)

オレンジ色のタレはピリ辛。
真ん中はゴマだれ。
濃い茶色は甘辛。

と、タイプの異なるタレで賞味出来るのもイイねっ♪

容器の底の方にも中華醤油ベースのタレ?が潜んでいるので、
最後の1本までしっかりと味の付いた腸粉を堪能できます!


この記事を書いていたら、あぁ、また食べたくなってきました^^;




『可可店』 西環卑路乍街136-142號聯威新樓地下E及F舖
    (帝盛酒店・ドーセットリージェンシー香港 向かい) 
     16:00~4:00
       
 


もしも堅尼地城に来る機会がありましたら、どうぞお試しあれ。
ついでにポチッとよろしくお願いします(^^)
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

ビエン子

Author:ビエン子
香港が大好きなビエン子です!
名前の由来は鼻煙壺(びえんこ) 
香港旅行の度に 鼻煙壺 を1つ買い求めコレクションしています。
2012年2月の訪港で21個目の鼻煙壺が仲間入りしました。


 

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

HKドル→日本円へ換算できます!

 どうぞ ご利用してください (^^)

月別アーカイブ

くろねこ時計

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©香港ビエン子☆鼻煙壺. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。