香港ビエン子☆鼻煙壺

只今、2012年2月と11月の香港旅行記をのんびり更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港5日目 2010年12月13日(月) 元朗その2 同心麺飽餅店



LRT(輕鐵)『康樂路』駅 ↓ を背にした北側に、
RIMG0410_convert_20120128031907.jpg


海天堂 卓悦 に挟まれた小さな通りがあります。
RIMG0404_convert_20120128031944.jpg RIMG0405_convert_20120128032026.jpg

前々回の記事で紹介した菓子店 其奧 も名前の無い通り沿いにありましたが、

この通りも何故か?地図を見ても名前が無いのです。



50m程の小さな通りですが、
衣料品や食べ物屋さんが並び、人の流れが多く賑わいを見せているこの通りの印象は?

まるで 小さなアメ横 (アメ横=東京の上野にある商店街 アメヤ横丁)

RIMG0411_convert_20120128023734.jpg

アメ横では「一体誰が着るの??」と思うような服を時折見かけたりしますが、

こちらの通りも負けてません(笑)

それに格安です!!

RIMG0409_convert_20120128023946.jpg

RIMG0414_convert_20120128024144.jpg

RIMG0415_convert_20120128024216.jpg


食材屋さん、食べ物屋さんもあります。
RIMG0417_convert_20120128024557.jpg

RIMG0418_convert_20120128024248.jpg



こちらがお目当ての 同心麺飽餅店 秘かに大好きなパン屋さん
RIMG0389_convert_20120128023430.jpg

RIMG0392_convert_20120128023504.jpg

RIMG0395_convert_20120128023653.jpg

小さな麺包店ですが、
御覧のとおり、種類が豊富!!

並んでいるパンの数の多さからして、
1日に幾度も焼いては店頭に並べているのかと想像します。

行き交う人達が次々と買って行くので、
きっと売れ行きが良く回転が速いのでしょうね。

今や香港の麺包店でも日本のパン屋のように、
お客がトレイを片手に自分でパンを取る方式のお店が多くなりましたが、
こちらのお店はトレイなんぞありません。

そして、並んでいるパンには名札も値札も付いていないので、
何味なのか?何が入っているパンなのか?幾らなのか?わからん(笑)

お客さんは店員さんに、何かを尋ねたり(多分、何パンなのか質問してる)
欲しいパンを告げたりして買って行きますが、
広東語の出来ない私は、
何パンなのか?値段は幾らなのか?分からないまま、
見た目で選んで指差しで注文するしかありませんが、
テキトーに選んでも、出来立てのパンは美味しいです



今回は写真手前 ↓↓ から2品を選んだところ、
店員さんから「3つで幾ら」みたいな事を言われたので、もう1品チョイス。
あと蛋撻も1つ求めて、計13.5HK$ 安い(^^)/
RIMG0394_convert_20120128023614.jpg


買ったばかりの蛋撻をパクリと口に運ぶ頃には、
この名も無い通りは終わり、正面に大橋街市が現れます。
RIMG0421_convert_20120128024413.jpg


このお店の焼きたての麺包で朝食をいただくのが憧れ♡

だから前にも書いたけど、

元朗に酒店できないかな~


同心麺飽餅店のパンを食べてみたくなった方はポチッとよろしくお願いします(^^)
   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

昨日は、横浜中華街の聘珍樓本店へ行ってきました。


『香港路地的裏グルメ』出版記念企画  裏グルメ&聘珍樓グリーティングカード原画展

飲茶と裏グルメ 原画展&トークイベント@聘珍樓


池上千恵さんと小野寺光子さんの軽快なトークショーを楽しみ、
永田幸子さんが撮られた懐かしい “香港雀仔街” のスライドショーを観賞し、
そして大変美味しいスペシャル點心ランチをいただいてきました。



テーブルセッティングからして香港迷のツボです
IMG_0747_convert_20120122151416.jpg


Tempoの奥に見えるのは利是封(お年玉袋)!利是封には陳の文字。って事は、
          IMG_0769_convert_20120122220144.jpg
裏には陳國榮さん♡きゃぁ
中には小野寺さんのイラスト入りガムと恭喜發財のコインチョコレートという嬉しい演出
IMG_0777_convert_20120122220209.jpg




春節らしい素材が使われた、このイベントの為の特別メニューです。
IMG_0746_convert_20120122151455.jpg



紹興酒で乾杯して、

いよいよ宴の始まり!


四喜大拼盆 窯焼き叉焼、茹で地鶏、白菜の酢漬け。クラゲの冷静
IMG_0750_convert_20120122151701.jpg



蓮藕髪菜湯 蓮根と髪菜入りの例湯
IMG_0753_convert_20120122151945.jpg



菜花焼売 菜の花入りしゅうまい
IMG_0754_convert_20120122152028.jpg



豉汁蒸双宝 鶏足・牛ハチノスの豆豉醤蒸し
IMG_0755_convert_20120122152101.jpg



安蝦咸水角 五目入り揚げもち餃子               
IMG_0756_convert_20120122202329.jpg



ここで、トークショーの始まり~~!
IMG_0758_convert_20120122152213.jpg



叉焼餐包 叉焼入りパン
IMG_0759_convert_20120122152245.jpg



荷葉糯米鶏 腸詰め・干し海老入り蓮の葉ちまき
IMG_0760_convert_20120122152321.jpg



陳皮紅豆沙 はすの実・百合根入り陳皮小豆汁粉
IMG_0764_convert_20120122152359.jpg


ここで、プレゼントコーナー。
陳皮紅豆沙の下に敷かれている紙に仕掛けがあり、裏にマークがあると当りです。

当たり~!シーシーオヤジのマークがありました。ありがとうございます
            IMG_0765_convert_20120122224225.jpg

当たった品はタッチパネル データバンク。香港政府観光局のノベルティのようです。
IMG_0774_convert_20120122214005.jpg



年糕 広東年糕
IMG_0766_convert_20120122152444.jpg

年糕を食べたのは初めて!
モッチモチでココナッツ風味の優しい味で美味しかったです。



この日の特別メニューは聘珍樓の点心長さんが考案され、
総料理長さんともども腕を振るってくださったそうで、
全ての料理は驚きの美味しさでした。


池上さん小野寺さん、この日までの準備お疲れさまでした!
今回のイベントも香港の気分が味わえました。ありがとうございました


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

香港5日目 2010年12月13日(月) 元朗その1



屏山文物經を散策した後は、バスで元朗へ!

何故か元朗、好きなんです


元朗に酒店できないかなぁ~~♪
せめて紅茶館でもいいから建ってくれませんか~~喜んで泊まりますよ~~(*^o^*)



そんな元朗で、
とても美味しい手作りのお菓子に出会ったのです(^o^)



小さなお菓子屋さんの店先で、おっちゃんが何やら作り始めました。
RIMG0379_convert_20120115015633.jpg


ピーナッツに水飴状のモノを加えて、
RIMG0374_convert_20120115015251.jpg


ひょいひょいと手際良く混ぜて混ぜて混ぜて、
RIMG0375_convert_20120115015333.jpg


みるみるうちに形成されて、
RIMG0376_convert_20120115015411.jpg


ものの数分で出来た~~!お見事
RIMG0378_convert_20120115015550.jpg


こーんなパフォーマンスを見ちゃったら、
食べてみたくなりますよね~♪

RIMG0377_convert_20120115015504.jpg


今おっちゃんが作っていたのはまだ途中段階なので、
店頭に並んでいる完成品を買ってみました。



花生糖 という名のお菓子で、看板商品のようです。ボケた写真ですみません

ひと口大にまとめられた花生糖に白胡麻がまぶしてありますが、
この他に黒胡麻やココナッツがまぶされている花生糖もありました。
値段は失念 確か?20~25HKドルくらいだったような? 違ってたらごめんなさい(>_<)
RIMG0491_convert_20120115015817.jpg


お味は!

ピーナッツがとーーっても香ばしくて、美味しい~(゜▽゜)ウマー!


もし花生糖を作っている場面に出くわさなければ、見過ごしていたお店かもしれません。

いえ、お店を目にしたとしても、花生糖を作ってる現場を見なければ買わなかったかも??


私ってば、なんと良いタイミングでこの道を通ったんでしょう!ラッキー☆


お店の名前は 其奧 リピ確定!!!
IMG_0708_convert_20120117154806.jpg



小さなお店ながらHPがありました!!
http://www.gotoylcity.com/kei_o/店舖介紹
美味しそうなお菓子があれこれ紹介されてるのでヤバイ
次の訪港、、、スーツケースの中がお菓子だらけになりそう(笑)



※ :住所は大馬路とありますが、店舗は大通りの大馬路(青山公路 元朗段)沿いではなく、“大馬路(青山公路 元朗段)” と “又新街” の間にある無名の通り?沿いにあります。(地図を見ても名前の無い短い通りです)
有名な「恒香老餅家」から大馬路(青山公路 元朗段)を東へ進み、 “又新街 ” の案内板を目印に右へ曲がって数軒目です。
RIMG0382_convert_20120115015740.jpg

「其奧」元朗大馬路36號  10:00am - 11:00pm


勿体なくて毎日少しずつ食べていたら、日に日に香ばしさが減少。。。
なるべく早く味わうのがお勧めです!


花生糖を食べてみたくなった方はポチッとお願いします(o^-^o)
   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

香港5日目 2010年12月13日(月) 屏山文物径


気が付けば、この時の訪港から1年以上経ってしまいました
いくら何でも遅いですね?(^^;;


目標 →1ヶ月以内にはこの旅行記を完成させる

はい!宣言しました。あと少しなので頑張りますっ!!!




さて、香港旅行最終日は、

18世紀頃に造られた歴史ある建物が点在する 屏山文物徑 へ向かいました!


天水圍站まではバスで行き、そこを起点に進みましたが、LRT屏山站からの逆ルートでも見学可能なようです。

   
    今回の写真は全てクリックで大きくなりますので、
    気になる場面がありましたらどうぞ拡大して御覧下さい。



RIMG0281_convert_20120107005019.jpg RIMG0282_convert_20120107005151.jpg




最初の見学ポイントは六角形の聚星樓 
600年もの歴史ある古塔で、鄧一族の合格祈願の為に建てられたのだとか。
1階は一般公開されてるようですが、この日はお休みでした。残念
RIMG0295_convert_20120107005253.jpg RIMG0285_convert_20120107005327.jpg


そこから歩いた先は、普通の住宅地でした。。あはっ方向音痴です(^^;;
RIMG0298_convert_20120107005427.jpg RIMG0299_convert_20120107005539.jpg


聚星樓まで戻り地図を確認して
えーと?この道を進めば良いのかな?
RIMG0284_convert_20120108212226.jpg


後から香港ナビを見ると「聚星樓の次、上璋圍へは斜め前にある空き地を通り抜けて行きます」と記されてるのですが...そんな道あったの?私、遠回りしちゃった??


この辺りは街中とは違い、高層ビルが全く無いので空が広い!


途中、こんな場所にお金持ちそうな家や、のどかな感じのローカル飯店!気になるぅ。
RIMG0303_convert_20120107012554.jpg RIMG0304_convert_20120107012856.jpg


だけど・・・なかなか歴史的な建物は見辺りません...。

ホントにこの道でいいのかしら?
少し不安になった頃、やっとそれらしい物を発見!


社壇 神様を祀っていた所らしいです。
RIMG0308_convert_20120107013704.jpg RIMG0306_convert_20120107013530.jpg



道が途絶えました 勘違いしただけ。ちゃんと道はあります。
お次はどちらに進めばよいのでしょう?

そこは広い土地に何台もの車が止めてある駐車場のようなスペースでしたが、
遠くに何か建物が見えたので、近づいてみました。
RIMG0313_convert_20120109020433.jpg RIMG0315_convert_20120109020507.jpg 


向かった先は屏山文物径の建物ではありましたが、
そこへ進んでしまった為に上璋圍楊侯古廟をスルーしてしまったというポカをやらかしてしまいました。が~ん

後からGoogleストリートビューを見たら、
社壇の近くに順路らしい道があるじゃないですか~
この日は香港5日目。かなり疲れも溜まって気力も体力も減退気味だった為、うっかり見落としてしまったようです←言い訳




こちらがその建物。

左の 鄧氏宗祠 は鄧一族の祖先が奉られていて、現在でも集会や祭事などに使われているそうです。
右は16世紀に建立され、学校として利用されてきた 愈喬二公祠
RIMG0309_convert_20120107013837.jpg RIMG0310_convert_20120107014449.jpg
        鄧氏宗祠                愈喬二公祠





次に訪れたのは 覲延書室 1870に完成し子供達の学校として使われていたそうです。
RIMG0320_convert_20120109150541.jpg RIMG0322_convert_20120109150625.jpg

隣の 清暑軒
RIMG0323_convert_20120109153107.jpg RIMG0326_convert_20120109155041.jpg

覲延書室とは内部で繋がってます。
覲延書室&清暑軒とも、随所に施された装飾がなんて綺麗なのでしょう

長い年月とともに宿った厳かな空気の流れが何とも心地よくて、
ゆっくりじっくり見学してきました!

清暑軒は宿泊施設として利用されていたということで、キッチンや浴室などもありました。

先程の聚星樓は合格祈願の塔で、愈喬二公祠も勉学の場でしたし、
大変教育に熱心な一族だったようですね。
そして勉学だけでなく、美しいものを愛でる心も大切にしてきた一族なのでしょうね。

RIMG0325_convert_20120110012505.jpg RIMG0331_convert_20120109174930.jpg RIMG0333_convert_20120109175011.jpg

RIMG0334_convert_20120109175551.jpg RIMG0332_convert_20120109175439.jpg

RIMG0335_convert_20120110011535.jpg RIMG0336_convert_20120110011608.jpg



覲延書室の向かいには観光客用のトイレも完備され、その近くに士多や茶餐廳もありました。
RIMG0319_convert_20120109150359.jpg RIMG0321_convert_20120109150441.jpg



今、ここ     ↓
RIMG0338_convert_20120110014135.jpg RIMG0339_convert_20120110022254.jpg
 


屏廈路を渡り更にまっすぐ南下してみました。


時間が止まったような静かな住宅地。ここに住んでみたいな~という憧れの気持ちがムクムク。
RIMG0342_convert_20120110014653.jpg RIMG0344_convert_20120110014838.jpg


ぱっ!!と目に止まったのは、ガラス越しに並んでいる食器
食器屋さんかと思って近づいてみると、軒先には屏山盆菜とあるので、盆菜の食堂なのでしょう。
それにしても、ディスプレイされている食器が良い味わいを醸し出していて、
しばらくの間、見とれてしまいました♡
RIMG0352_convert_20120110155521.jpg RIMG0346_convert_20120110155443.jpg


RIMG0351_convert_20120110160132.jpg RIMG0345_convert_20120110155732.jpg

店先には小さな水槽に陶器が飾られているんですけど、何故ゆえにポットや豚の貯金箱までかは?謎です(笑)
右の写真には神様らしき陶器も潜んでますよ!楊侯古廟の神様達には出会えなかったけど、こちらの神様に会えた事で、ご利益有りとしておきましょう^^
RIMG0347_convert_20120110155844.jpg RIMG0348_convert_20120110160215.jpg


このお店 屏山盆菜 について調べていたら、動画を見つけました!美味しそう





屏廈路まで戻り 洪聖宮 を見物。
        RIMG0356_convert_20120111014428.jpg


予定では屏山鄧族文物館も行くつもりでしたが、もう歩き疲れてギブアップ


失敗もあり不完全燃焼の観光でしたが、いつかまた再来しようと心に決め、
この日の屏山文物徑おしまい。

この後、丁度ここのバス停に53番バスが来たので、元朗へ向かいました。



長々とした記事になってしまいましたが、
最後まで御覧下さりありがとうございます<(_ _*)>
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

新年快樂 


明けましておめでとうございます


                 2012年 辰年
RIMG0060_convert_20111231230116.jpg


昨年末は何かと慌ただしく、ブログの更新が滞ってしまいすみませんでした

あまりにのんびり綴っていたら、

前回の旅行から早くも1年経ってしまいましたが ^^;;

新年を迎え、続きをUPしてゆきますので、

どうぞまた遊びにいらして下さいね。



次回は 屏山文物徑 を散策したお話になります。↓
RIMG0307_convert_20111231230158.jpg



そしてそして、

次の訪港が2月に決まりました~!!!ヽ(*>∇<)ノ♪


という事で、2012年も香港旅行記を書いていきますので、

皆様どうぞ今年も宜しくお願い致します<(_ _*)>



たくさんの幸せが訪れる良い年になりますように♡



ビエン子


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

ビエン子

Author:ビエン子
香港が大好きなビエン子です!
名前の由来は鼻煙壺(びえんこ) 
香港旅行の度に 鼻煙壺 を1つ買い求めコレクションしています。
2012年2月の訪港で21個目の鼻煙壺が仲間入りしました。


 

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

HKドル→日本円へ換算できます!

 どうぞ ご利用してください (^^)

月別アーカイブ

くろねこ時計

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©香港ビエン子☆鼻煙壺. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。