香港ビエン子☆鼻煙壺

只今、2012年2月と11月の香港旅行記をのんびり更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港4日目 2010年12月12日(日) 夕飯


この日の夕食は香港在住のイトコD介と一緒!


待ち合わせの太子へは、宿泊ホテル コートヤード・バイ・マリオット 間近にあるバス停
「水街」から970番バスに乗って行きました。
西區海底隧道(Western Harbour Tunnel)を走り抜けると九龍側へはあっという間で、
西營盤→太子まで30分弱で到着!速ーい!!


目指すお店に近づいた所に、こんな不思議な建物に遭遇。
歩道の上に、住居??
窓や外観に施された模様がイイ感じなので思わずパチリ
RIMG0185_convert_20111024015029.jpg


お目当てのお店はその建物のすぐ近くでした 新志記海鮮飯店 
RIMG0207_convert_20111028013310.jpg
「新」の字がやけに小さいんですけど、後からくっ付けたのでしょうか・笑

RIMG0206_convert_20111029023730.jpg


沙參玉竹燉龍骨湯  スープです。
RIMG0189_convert_20111024015312.jpg

テーブル上でお店の方が中の具を取り除いてくれましたが、
このようなパフォーマンスを見ると、食欲がいっそう高まりますね!
よく蒸されて具材からの旨味がたっぷり出たスープは大変美味しくて、
何杯もおかわりしちゃいました~♪
RIMG0190_convert_20111024015729.jpg RIMG0191_convert_20111024015822.jpg




私に珍しいモノを食べさせようとしてD介がチョイスしたのがこのメニューです!! 
これ、何の料理だと思います???
RIMG0194_convert_20111024015855.jpg

イカでしょ、ブロッコリーでしょ、、、
何だかキモイ?あの物体は何???


料理名は、 


骨髓燴三鮮 


なんと、骨髄の料理なんです
下の↓2つとも骨髄なのか?どちらかだけが骨髄なのかは知らないけど初めて見るこれら。
おそるおそる口に運んでみると思ったよりもクセは無かったのですが、見た目がねぇ。。。
正直、わずかに抵抗感あり...でした。
左はクニュクニュ、右は少しコリコリ。味付けは美味しかったですよー!!
RIMG0196_convert_20111024020054.jpg RIMG0197_convert_20111024020131.jpg




菠蘿咕嚕肉  いわゆる酢豚。
骨無しの肉でとオーダーしたにも関わらず骨付き肉が数個混じってましたが(笑)
凄く美味しかったから無問題ネ!!
RIMG0195_convert_20111024020016.jpg



生炒糯米飯 これよ、これこれ!待ってました~♪
もち米の火の通り具合も良いし、香ばしい味でうまうま(o^^o)
RIMG0200_convert_20111028013146.jpg

生炒糯米飯は、もち米を生の状態から根気よく炒め続けて作るのだそうです。

美味しい生炒糯米飯が食べたいー!!!!!
という私のリクエストでD介が選んでくれたのがこの新志記海鮮飯店なのですが、
店頭の張り紙からも、生炒糯米飯がこのお店の看板メニューの1つであると伺えます。

RIMG0205_convert_20111029023627.jpg



マイタンを告げると〆の甜品が運ばれてきました。嬉しいサービスじゃありませんか!
豆や昆布のような海草?入り。お腹一杯でもペロッと食べられる優しい味。
RIMG0201_convert_20111028013225.jpg

あぁ、美味しかった!この日も沢山食べました


「新志記海鮮飯店」太子運動場道1號地下
         11:30-15:00 18:00-02:00




実は、ブログに度々登場しているイトコのD介ですが、
赴任先が変わり、今は香港ではなくタイのバンコクにいます。
それで、叔母(D介の母親)を伴いタイ旅行の計画が持ち上がっていたのですが、
大洪水の被害が拡大している為、タイ旅行は残念ながら見送りました(--;)



ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

香港4日目 2010年12月12日(日) おやつ 


午後、一旦ホテルへ帰ろうとバスで西營盤まで戻りましたが、
部屋へ帰る前に少し近辺を散歩しました。

徳輔道西よりも南へ進んで、皇后大道西や、更に南の第二街、第三街辺りを歩きましたが、賑やかな徳輔道西とはガラッと雰囲気が変りとても静かです。




わ!こんな所に音楽関係のお店が 日曜なので休みでしたが、
RIMG0148_convert_20111010015026.jpg  RIMG0153_convert_20111010015059.jpg

窓越しに覗き見すると、文具やメトロノームなどが並んでいました。
RIMG0149_convert_20111009115536.jpg RIMG0150_convert_20111009115603.jpg
そして、いいもの見つけた!これ絶対欲しい~~♪(≧∇≦)/
翌日、早速買いに行ったのですが、その話しは旅行記5日目にUPしますので♪
今日はちょこっとだけチラッ さて何でしょう? うふっ^^
            RIMG0152_convert_20111009115905.jpg





お宝発見で嬉しくなり、足取り軽く歩いていると、


ここ、いいな~!何故かこの建物に惹かれたのでパシャリ
RIMG0155_convert_20111009115404.jpg




更にうろうろ歩いていると聞いた事のない甜品屋さん発見

近づいて、入り口にペタペタ貼ってある写真を見ると美味しそうなので、
このお店でおやつタイムにしましょ
RIMG0157_convert_20111009015550.jpg


店内には学校の机と椅子!!
RIMG0162_convert_20111009015802.jpg


大きな黒板!!
RIMG0161_convert_20111009015729.jpg


メニューの表紙には、姓名、班別、科目、まるでノートみたい。
お店の英語名は Sweet Classroom
ふ~ん!学校の教室をイメージしたお店なんですね~!
RIMG0160_convert_20111009015619.jpg




注文したのは、この欲張り甜品ですw

これを見ても何じゃこりゃ??と思われそうですが、
メニューの名を見れば香港迷の方には大体お察し頂けるかと(笑)

      西多士麺包布甸伴雲尼嗱雪糕  HK$32
RIMG0167_convert_20111009015834.jpg

      西多士麺包 布甸 雲尼嗱雪糕
         ↓      ↓      ↓
     フレンチトースト  プリン  バニラアイス(多分?雲尼嗱=バニラ?)


西多士とアイスクリームは相性も良く美味しかったのですが

ただ、

この時の私には、この甜品はヘヴィーでした。。。

   朝食 ー 皮蛋粥、油條
   昼食 ー 粢飯、咸豆漿、腐乳通菜

と、揚げ物の油條づくしだったので(粢飯は油條入りなので)

ここでの西多士は、この量とはいえ正直キツかったー

あっ、その前に泰昌餅家の蛋撻も食べていたし...

『西多士麺包布甸伴雲尼嗱雪糕』は、頑張って完食したけれど、
ココット皿の中のプリンの味なんて、食べたそばから記憶にありませんっ(>_<)

食事のバランスには気をつけないと、ですね


後からOpenRiceを見ると、スフレやフォンダンショコラも美味しそうでした!

Openrice→甜品堂



ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

一昨日、日比谷公園で開催された「グローバルフェスタ 2011」へ行ってきました!

10月6日の「国際協力の日」にちなんで、
毎年この時期に開催される国内最大級の国際協力イベントです。
RIMG1881_convert_20111004174614.jpg RIMG1976_convert_20111004174700.jpg

インドフェス、タイフェス、アフリカフェス、などなど色々なフェスがありますが、
私が特に楽しみにしているのが、このグローバルフェスタ

途上国を支援している数多くの団体が参加されるこのイベントでは、
広い敷地内にエスニック雑貨や、珍しい各国料理のブースがズラリと並びます!
各団体の活動内容の話しも聞けるし、
ステージもあり、トークショーやワークショッップも行われるという、
大変興味深いイベントなのです。

RIMG1918_convert_20111004220639.jpg

RIMG1894_convert_20111004220515.jpg

RIMG1882_convert_20111004220601.jpg

RIMG1972_convert_20111004225907.jpg

RIMG1992_convert_20111004230002.jpg

RIMG1967_convert_20111004231054.jpg


今年のテーマは「絆~私たちはつながっている」

震災に見舞われた日本の為に多くの応援メッセージや絵が寄せられ展示されていました。
各国の子供たちからの温かい作品を見ていると熱い思いがこみ上げてきました。
RIMG1926_convert_20111004161242.jpg

( ↓ クリックで大きくなります。 香港の子供の作品もありましたよ!)
RIMG1936_convert_20111004163714.jpg RIMG1935_convert_20111004163627.jpg

RIMG1931_convert_20111004161613.jpg RIMG1932_convert_20111004161442.jpg



こちらは、開発途上にある国々の恵まれない青少年に教育支援を提供している、
「国境なきこどもたち」のブース
RIMG1960_convert_20111004165743.jpg

貧困、労働、虐待、大規模な自然災害、騒乱・紛争、ストリートチルドレン、人身売買。
そのような過酷な被害に遭った子供たちからも、
日本の為に寄付金や応援のメーセージが寄せられたそうです。

その子供たちに、折り紙でありがとうの気持ちを伝えようというコーナーです。

私も参加して、鶴を折りました~!
RIMG1957_convert_20111004165307.jpg RIMG1959_convert_20111004173639.jpg


こちらのブースはタイの山岳地帯に住む少数民族の子供たちの教育支援をしているNGO
「さくらプロジェクト」
RIMG1947_convert_20111004180237.jpg

この団体が運営されている寮に住む子供たちの手による作品が販売されていました。
可愛いポーチお買い上げ!!
RIMG1946_convert_20111004180352.jpg



そしてお楽しみの食事

RIMG1915_convert_20111004230049.jpg

RIMG1978_convert_20111004225700.jpg



まず目についたのは、日本とパレスチナを結ぶ団体のブースより、ホンムス
RIMG1905_convert_20111004184000.jpg RIMG1989_convert_20111004183910.jpg 
ホンムスは、
ひよこ豆をベースにオリーブオイル、ごま、クミン、などを練り合わせているペーストで、
通常パンに付けて食べるそうです。

戦場カメラマンの渡部陽一さんの好きな食べ物(渡部さんはフンモスと言ってます)という話しを聞いた事があり、一度食べてみたいなぁと思っていたので、嬉しい~!

RIMG1907_convert_20111004184037.jpg

これがまたハマる味でうま~!!
ねっとりしてるけど、ピーナッツバターよりもずっと優しい味わい

昨年もパレスチナのブースでザータルというハーブが気に入り、
ザータルを購入して家でもパンと共に食しているのですが、

中東の料理って美味しい~~!!


その隣もパレスチナのブースで、ファラーフェル
RIMG1983_convert_20111004191257.jpg

先月の東京JAZZのネオ屋台村で食べて好きになったばかりのファラーフェル♡

これはもう食べるっきゃないでしょ

今回はサンドイッチではなく、ファラーフェルボールだけ頂きました!
RIMG1986_convert_20111004191346.jpg

ホンムスにファラフェルで、お腹の中ひよこ豆だらけになっちゃったけど
美味しくて大満足でした


買ったモノたち♪
アフリカの布カンガ、カンガで作られたエコバッグ、カレンダー、ポーチ類色々。
RIMG2003_convert_20111004220718.jpg


ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

ビエン子

Author:ビエン子
香港が大好きなビエン子です!
名前の由来は鼻煙壺(びえんこ) 
香港旅行の度に 鼻煙壺 を1つ買い求めコレクションしています。
2012年2月の訪港で21個目の鼻煙壺が仲間入りしました。


 

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

HKドル→日本円へ換算できます!

 どうぞ ご利用してください (^^)

月別アーカイブ

くろねこ時計

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©香港ビエン子☆鼻煙壺. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。