香港ビエン子☆鼻煙壺

只今、2012年2月と11月の香港旅行記をのんびり更新中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港5日目 2010年12月13日(月) 屏山文物径


気が付けば、この時の訪港から1年以上経ってしまいました
いくら何でも遅いですね?(^^;;


目標 →1ヶ月以内にはこの旅行記を完成させる

はい!宣言しました。あと少しなので頑張りますっ!!!




さて、香港旅行最終日は、

18世紀頃に造られた歴史ある建物が点在する 屏山文物徑 へ向かいました!


天水圍站まではバスで行き、そこを起点に進みましたが、LRT屏山站からの逆ルートでも見学可能なようです。

   
    今回の写真は全てクリックで大きくなりますので、
    気になる場面がありましたらどうぞ拡大して御覧下さい。



RIMG0281_convert_20120107005019.jpg RIMG0282_convert_20120107005151.jpg




最初の見学ポイントは六角形の聚星樓 
600年もの歴史ある古塔で、鄧一族の合格祈願の為に建てられたのだとか。
1階は一般公開されてるようですが、この日はお休みでした。残念
RIMG0295_convert_20120107005253.jpg RIMG0285_convert_20120107005327.jpg


そこから歩いた先は、普通の住宅地でした。。あはっ方向音痴です(^^;;
RIMG0298_convert_20120107005427.jpg RIMG0299_convert_20120107005539.jpg


聚星樓まで戻り地図を確認して
えーと?この道を進めば良いのかな?
RIMG0284_convert_20120108212226.jpg


後から香港ナビを見ると「聚星樓の次、上璋圍へは斜め前にある空き地を通り抜けて行きます」と記されてるのですが...そんな道あったの?私、遠回りしちゃった??


この辺りは街中とは違い、高層ビルが全く無いので空が広い!


途中、こんな場所にお金持ちそうな家や、のどかな感じのローカル飯店!気になるぅ。
RIMG0303_convert_20120107012554.jpg RIMG0304_convert_20120107012856.jpg


だけど・・・なかなか歴史的な建物は見辺りません...。

ホントにこの道でいいのかしら?
少し不安になった頃、やっとそれらしい物を発見!


社壇 神様を祀っていた所らしいです。
RIMG0308_convert_20120107013704.jpg RIMG0306_convert_20120107013530.jpg



道が途絶えました 勘違いしただけ。ちゃんと道はあります。
お次はどちらに進めばよいのでしょう?

そこは広い土地に何台もの車が止めてある駐車場のようなスペースでしたが、
遠くに何か建物が見えたので、近づいてみました。
RIMG0313_convert_20120109020433.jpg RIMG0315_convert_20120109020507.jpg 


向かった先は屏山文物径の建物ではありましたが、
そこへ進んでしまった為に上璋圍楊侯古廟をスルーしてしまったというポカをやらかしてしまいました。が~ん

後からGoogleストリートビューを見たら、
社壇の近くに順路らしい道があるじゃないですか~
この日は香港5日目。かなり疲れも溜まって気力も体力も減退気味だった為、うっかり見落としてしまったようです←言い訳




こちらがその建物。

左の 鄧氏宗祠 は鄧一族の祖先が奉られていて、現在でも集会や祭事などに使われているそうです。
右は16世紀に建立され、学校として利用されてきた 愈喬二公祠
RIMG0309_convert_20120107013837.jpg RIMG0310_convert_20120107014449.jpg
        鄧氏宗祠                愈喬二公祠





次に訪れたのは 覲延書室 1870に完成し子供達の学校として使われていたそうです。
RIMG0320_convert_20120109150541.jpg RIMG0322_convert_20120109150625.jpg

隣の 清暑軒
RIMG0323_convert_20120109153107.jpg RIMG0326_convert_20120109155041.jpg

覲延書室とは内部で繋がってます。
覲延書室&清暑軒とも、随所に施された装飾がなんて綺麗なのでしょう

長い年月とともに宿った厳かな空気の流れが何とも心地よくて、
ゆっくりじっくり見学してきました!

清暑軒は宿泊施設として利用されていたということで、キッチンや浴室などもありました。

先程の聚星樓は合格祈願の塔で、愈喬二公祠も勉学の場でしたし、
大変教育に熱心な一族だったようですね。
そして勉学だけでなく、美しいものを愛でる心も大切にしてきた一族なのでしょうね。

RIMG0325_convert_20120110012505.jpg RIMG0331_convert_20120109174930.jpg RIMG0333_convert_20120109175011.jpg

RIMG0334_convert_20120109175551.jpg RIMG0332_convert_20120109175439.jpg

RIMG0335_convert_20120110011535.jpg RIMG0336_convert_20120110011608.jpg



覲延書室の向かいには観光客用のトイレも完備され、その近くに士多や茶餐廳もありました。
RIMG0319_convert_20120109150359.jpg RIMG0321_convert_20120109150441.jpg



今、ここ     ↓
RIMG0338_convert_20120110014135.jpg RIMG0339_convert_20120110022254.jpg
 


屏廈路を渡り更にまっすぐ南下してみました。


時間が止まったような静かな住宅地。ここに住んでみたいな~という憧れの気持ちがムクムク。
RIMG0342_convert_20120110014653.jpg RIMG0344_convert_20120110014838.jpg


ぱっ!!と目に止まったのは、ガラス越しに並んでいる食器
食器屋さんかと思って近づいてみると、軒先には屏山盆菜とあるので、盆菜の食堂なのでしょう。
それにしても、ディスプレイされている食器が良い味わいを醸し出していて、
しばらくの間、見とれてしまいました♡
RIMG0352_convert_20120110155521.jpg RIMG0346_convert_20120110155443.jpg


RIMG0351_convert_20120110160132.jpg RIMG0345_convert_20120110155732.jpg

店先には小さな水槽に陶器が飾られているんですけど、何故ゆえにポットや豚の貯金箱までかは?謎です(笑)
右の写真には神様らしき陶器も潜んでますよ!楊侯古廟の神様達には出会えなかったけど、こちらの神様に会えた事で、ご利益有りとしておきましょう^^
RIMG0347_convert_20120110155844.jpg RIMG0348_convert_20120110160215.jpg


このお店 屏山盆菜 について調べていたら、動画を見つけました!美味しそう





屏廈路まで戻り 洪聖宮 を見物。
        RIMG0356_convert_20120111014428.jpg


予定では屏山鄧族文物館も行くつもりでしたが、もう歩き疲れてギブアップ


失敗もあり不完全燃焼の観光でしたが、いつかまた再来しようと心に決め、
この日の屏山文物徑おしまい。

この後、丁度ここのバス停に53番バスが来たので、元朗へ向かいました。



長々とした記事になってしまいましたが、
最後まで御覧下さりありがとうございます<(_ _*)>
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

香港3日目 2010年12月11日(土) 圓玄學院


仏教、道教、儒教、3つの宗教が祀られているという寺院 圓玄學院

荃灣の兆和街から81番のミニバスに乗って行きました。
RIMG0026_convert_20110601174834.jpg

RIMG0026_convert_20110603140634.jpg



10分ほどで終点に到着すると、

わぁ、凄~い! まるで中華風フラワーパークみたい

あれっ、よく見ると左のドラゴンには頭が無いよ??
RIMG0031_convert_20110603134213.jpg


階段を上り、門の垂れ幕をみると 2010年 菊花展覧 の文字。
RIMG0036_convert_20110602025044.jpg

なるほど!それで菊の花が飾られているのね。



でも開催日は数日先なので、この日はまだ準備段階なのでした。

だからドラゴンの頭が未装着なのはご愛嬌。
         多分ここにに付くのでしょう。
RIMG0060_convert_20110601190214.jpg
           「早く胴体と頭くっつけてくれよ~~~」って言ってるみたい        



菊花展覧の準備中とはいえ、この時期に訪れた事は思わぬ収穫でした。

敷地内の至る所が菊の花で溢れ、それはもう綺麗で魅せられました

まだ蕾も多く、満開には至っていませんでしたが、

それでも菊の良い香りが辺り一面に漂っていて、うっとり


RIMG0032_convert_20110601175141.jpg

RIMG0034_convert_20110601175227.jpg

RIMG0057_convert_20110602132944.jpg

RIMG0042_convert_20110602132757.jpg





正面に見える丸い建物の中には十二支の神様が祀られています。
RIMG0035_convert_20110603133759.jpg

その建物の側では、お線香やお供え物が販売されていて、
RIMG0038_convert_20110603115812.jpg

RIMG0037_convert_20110603115734.jpg

お供えセットを購入された方々は売り場の向かいにあるテーブルで何やら仕分けして、
RIMG0040_convert_20110603115148.jpg

それを持って建物の中に入り、ずらりと並んでいる神様をお参りされていました。
RIMG0041_convert_20110602133029.jpg

私はお供えセットは買わなかったけど、
それぞれの神様の下にはがっちり賽銭箱が備えてあったので、
家族と自分の干支の神様にお賽銭してきました





こちらは 「圓玄素食館」 素食=精進料理のレストランのようです。
RIMG0046_convert_20110603141251.jpg





「雅石館」  入ってみると、こぢんまりした石の博物館でした。
RIMG0056_convert_20110603145023.jpg

様々な色や形の石が展示されてます。
RIMG0055_convert_20110603141623.jpg

“何かに似ている石” シリーズはちょっと面白かったです!
RIMG0052_convert_20110603141414.jpg  RIMG0053_convert_20110603204018.jpg


こちらは十二支に見える石。何気にこじつけっぽい石もあるけど(笑)
RIMG0054_convert_20110603141534.jpg





圓玄學院、楽しめました!! 来て良かった~~!

菊花展覧の開催で(まだ準備中でしたけど)綺麗な菊の花も堪能できたので、

この時期に訪れたのもラッキーでした!




圓玄學院の事は、
数年前に荃灣で入手したパンフレットで見かけていたものの、
情報量が少なくて行かずじまい。。。     (荃灣付近の幾つかの寺院が載ってます↓)
RIMG1666_convert_20110601171902.jpg RIMG1664_convert_20110601172447.jpg

ところが嬉しい事にブラボーさんのブログで圓玄學院が紹介され、
その記事を見て私も行ってみたいなぁ、と関心を持ったのでした。
それ以来ブラボーさんともブログ友達として仲良くさせて頂いてま~す


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

香港2日目 2010年12月10日(金) 住好D街頭文化館 (G.O.Dミュージアム) 


香港旅行の数日前、G.O.D のホームページを見ていたら、
住好的街頭文化館 という名を目にしました。

何だろう??と思い更に調べると、

G.O.Dのデザイナー兼代表者の楊志超(Douglas Yeung)さんのコレクションが展示されているG.O.Dのミュージアムという事なので、ぜひ鑑賞したいと思い行って来ました。

場所は石硤尾の『JCCAC 賽馬会創意芸術中心 Jockey Club Creative Arts Centre』

古い工業ビルをリニューアルし、アーティスト達の制作、展示、発表など活動の場として2008年9月にオープンされたそうで、この中の1室に住好D街頭文化館があります。

RIMG0126_convert_20110120120955.jpg


建物の内部で、ドラマか?映画か?何かの撮影をしていました
    RIMG0127_convert_20110120130443.jpg


住好的街頭文化館の入り口
RIMG0128_convert_20110120121057.jpg


ドアを開けると、レトロな茶餐店風ディスプレイがお出迎え。
RIMG0129_convert_20110120104841.jpg


受付係の女性まで茶餐店のレジのおばちゃん風でお見事(扇風機の奥)
RIMG0149_convert_20110120121404.jpg


ミニチュアシリーズ!凄いんです!!!  (写真はクリックで拡大します)
RIMG0133_convert_20110120104341.jpg

    RIMG0140_convert_20110120130630.jpg

RIMG0136_convert_20110120143230.jpg

    RIMG0135_convert_20110120130542.jpg

RIMG0132_convert_20110120121149.jpg

RIMG0137_convert_20110120143326.jpg

RIMG0139_convert_20110120143411.jpg

RIMG0138_convert_20110120143453.jpg



こちらはミニチュアでなく本物です。壁にも沢山ディスプレイされていました。
    RIMG0145_convert_20110120130707.jpg


飲料のビンが素敵なオブジェに ♪
    RIMG0146_convert_20110120130816.jpg


G.O.D のグッズでお馴染みの信箱!! 圧巻です!!!!!
    RIMG0142_convert_20110120122554.jpg

RIMG0144_convert_20110120143626.jpg

    RIMG0147_convert_20110120124907.jpg


ここは仕事場兼ミュージアムのようで、
あちこちにデスクが置かれ数名の方がお仕事されていました。
邪魔にならないように見学すると同時に、
このような空間でお仕事されている方々がとても羨ましく思えました♪


『住好的街頭文化館 』 GOD Street Culture Museum

九龍石硤尾白田街30號賽馬會創意芸術中心二樓09室
月~金 14:00~18:00 / 土・日・祝  休み


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

香港2日目 2010年12月10日(金) 石硤尾(SHEK KIP MEI)


この日の午後は、

賽馬会創意芸術中心
JCCAC(Jockey Club Creative Arts Centre)へ行きました。

最寄りの駅は石硤尾です。



かつての「香港通信」で、公共団地についての特集号があり、
香港で最初に公団住宅(公屋)が建てられた場所として石硤尾が紹介されています。
また、公屋の歴史についての興味深い記事から石硤尾という地名は強く印象に残っていましたが、訪れたのは今回が初めてです。
          RIMG1034_convert_20110118214216.jpg



MTR石硤尾駅のC出口から目的地に向かって偉智街を歩くと、
住宅や学校が並び、思いのほか閑静な印象なので、
はたして芸術中心へはこの方向でよいのか?少し心配になりましたが、、、

道沿いの何カ所かに案内が点在していました!
RIMG0125_convert_20110118021100.jpg


このまま案内に従ってまっすぐ歩けば辿り着けそうでしたが、
しばらく歩くと商店街が見えたので、初めて訪れた土地を散策してみたくなり、
右へ曲がり少し遠回りしてみました。


         この辺りの写真、何枚か撮っていたのですが、
         後で容量不足になり、やむなく何枚も消去する事になりました

         予備のメモリーカードを持ってなかったもので、、、
         なので、あまり写真でお伝え出来なくてすみません m(_ _)m




賑わっているお店があるので近づくと麺包店
人気店なのか?次から次へとお客さんがパンを買い求めていました!
ショーケースは歩道沿いに面していて、日当りの良い方角を向いているので、
暑い日など品質は大丈夫なのかな?
と、思わず心配になってしまいますが、
この売れ行きだと回転が速そうなので、多分モーマンタイなのでしょう。
RIMG0120_convert_20110118020709.jpg
美味しそうだな~と思いつつも、、、
昼食に食べたラクサでまだお腹いっぱいだったのでスルーしちゃいましたが、
今ちょっと後悔してます。。。
                            「新城餅店」石硤尾南昌街




更に歩いていると、10階建てくらいの集合住宅が現れましたが、
地上に並ぶ商店は繁華街とはどこか違う雰囲気です。

小さな飲食店の他、クリーニング店、日用雑貨店、床屋、etc、、
生活感が漂う通りだなぁ、なんて思って見渡していると。。。



??? えっ? 何? うそ?? この建物の名前って
RIMG0124_convert_20110118020954.jpg


近づいてみると、、、、、


(≧▽≦)/♪♪ (右から読むんですよ~)
RIMG0122_convert_20110118020855.jpg



思わずこの建物の周辺をうろつき、

角を曲がってみたら、

こっちにも、、、、


ヾ(@>▽<@)ノ♪
RIMG0121_convert_20110118020804.jpg



美味しそうなパン屋に、オモシロ名前の建物!!
石硤尾っていい所だな~~~♪

なんて面白がっていたら、
気付くと時刻はもう夕方の4:00
早く『賽馬会創意芸術中心』に行かなくてはと、この建物を後にしました


肝心の『賽馬会創意芸術中心』の記事は次回UPしますネ。
特に「住好的街頭文化館 (G.O.Dのミュージアム)」は圧巻なのでどうぞお楽しみに!
またのご訪問お待ちしていま~す♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

1881 Heritage

2009年秋 尖沙咀 “前香港水警總部” 跡地にオープンした、
高級ブランドショップ、レストランやカフェ、ホテルの複合施設です!


1881年に建てられた歴史のある建築物をリノベーションされたという事ですが、
長い期間工事をされて、この様に美しく素敵な建物に生まれ変わりました



実は、行ってみるまではそれほど興味は無かったのです。。。
尖沙咀のスターフェリーピアから、目的地の重慶大厦へ歩く途中に在ったので、
ちょっと寄り道して通り抜けるつもりでしたが、、、、


来てみて正解  凄くステキな所です


香港の繁華街の喧噪とはかけ離れ、
落ち着いた異空間に来たような感じで、
ショッピングや食事をしなくても、
観光名所として来る価値はあるかと思います



写真 2009年12月に撮影
RIMG0045_convert_20100622144310.jpg


     いつもの言い訳 \(_ _。)
     このネタは半年も前の話になりますが、
     その頃はまだブログを開設していなかったもので。。。

     だから 今頃  ☆ク・リ・ス・マ・ス☆
   


大きな トンガリオブジェ は クリスマスツリー 
                       
夜のライトアップも綺麗でしょうね~~~



奥に見えるコロニアル風の建物が、全室スイートの高級ホテルになるようです!



こうして改めて写真で見ると、
コロニアル調 VS 近代的クリスマスツリーの組み合わせだったのネ!!
面白いなあと 今になって気が付きました


RIMG0052_convert_20100622144518.jpg



ウェディング用の撮影をされている方もいらっしゃいました

純白の花嫁さんと水色のドレスの女性達が、
この1881 Heritage の空間に引き立てられ見映えがして、とても綺麗でした


RIMG0050_convert_20100622144427.jpg

YMCA ったら、ペニンシュラと 1881 Heritageに挟まれちゃって 両手に花



ついでに、もうひとつ時期外れ写真の オマケ

                   ↓

                   ↓

                   ↓

                   ↓

                   ↓

           クリスマス柄 の トラム
RIMG0053_convert_20100622144601.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

ビエン子

Author:ビエン子
香港が大好きなビエン子です!
名前の由来は鼻煙壺(びえんこ) 
香港旅行の度に 鼻煙壺 を1つ買い求めコレクションしています。
2012年2月の訪港で21個目の鼻煙壺が仲間入りしました。


 

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

HKドル→日本円へ換算できます!

 どうぞ ご利用してください (^^)

月別アーカイブ

くろねこ時計

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©香港ビエン子☆鼻煙壺. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。